オリモノはホルモンバランスや年齢、生理周期で変化する

生理のきた女性なら、一度はオリモノを不快に感じたことがあるかと思います。
量が多くなったり、においがきつくなったり、
病気なのかしら、と心配する人もいると思います。
実はこのオリモノはホルモンバランスや年齢、生理周期などと
密接に関わっており常に変化をしているものなのです。

オリモノにも役割がある

そもそもオリモノとは何でしょうか。
オリモノは、子宮内膜、子宮頚管、膣、汗腺からの
分泌物が混ざってできた、ネバネバした液体です。

▽ 最新「おりもの・臭い異常」投稿体験談

2018/02/07 《羽生美香さん(仮名):30代》
カンジダの再発が多く、出先でも心配が絶えない状態が続いていました。こちらの持ち運びのできるスティック洗浄を試したところ、痒みも、白いカスもきれいすっきり無くなり安心が出来ています。状態が良くないときはポーチに入れて外出しています♪
2017/08/07 《小山内彩さん(仮名):20代》
以前カンジダを患い、病院で薬を処方してもらっていましたが、再発。カンジダは再発する事が非常に多いと聞いていましたが、油断をして日常的なケアは怠っていました。思い返せば、ボディーソープで膣も洗ってしまっていた事が大きな過ちでした。。普通の石鹸に比べて少し高いですが、膣内ケアに適したボディソープを使うように切り替え、その後の再発は一切なくなっています。
2017/06/01 《中嶋杏奈ちゃん(仮名):20代/Web関連》
白いオリモノが出るようになってから暫く放置していました。痒みがあり、心配だったのですが病院へ行く勇気が無く。。ネットで検索したところ、ポロポロしたオリモノがカンジダの症状と分かりました。ずっとボディソープで性器を洗っていたのがいけなかったみたいです。コラージュフルフル泡石鹸に変えたところ、すぐに変化を感じました。症状が治まり、痒みも止まりました。良い石鹸と出会えて本当に安心しました。
2016/12/11 《川本美智子さん(仮名):30代/主婦》
痒みは強くなかった為、病院には行かず暫く様子を見ようと思い、こちらのデリケートゾーン専用石鹸で日々のケアを行うように努力をしています。3ヶ月経過し、ケアを開始する前から比べ格段に白いカスの量が減り、今では殆ど気にならない程度になりました。

そのオリモノには、2つの役割があります。
1つ目は、膣を乾燥から守り、外部からの細菌の進入を防いでくれます。
2つ目は、排卵期に受精の手助けをします。

生理周期にあわせてオリモノも変化

女性ホルモンの働きで、一定の周期でくる生理ですが、
オリモノも女性ホルモンバランスの影響を受けています。
卵巣から分泌される女性ホルモンは、
卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類です。

オリモノの量は卵胞ホルモンにほぼ比例しているといわれ、
オリモノの状態は2つのホルモンが影響しています。
生理直後の卵胞期前半は、どちらのホルモンも分泌が少なく、
残った経血が混ざることがあるので茶色っぽいこともありますが、
オリモノの量は最も少なく、さらっとしています。

卵胞期後半から排卵期は、卵胞ホルモンの分泌が増えるので、
オリモノの量も増加します。
一番量が多いのは、排卵期の2~3日です。

透明でとろみがあるような感じのオリモノで、
においはあまり感じません。
黄体期に入ると、卵胞ホルモンが減り始め、
黄体ホルモンの分泌が増えます。

オリモノの量は少しずつ減り、
ネバネバで白く濁って下着につくのが気になる時期です。

生理前は2つのホルモンの分泌が減りますが、
オリモノの量は再び増えてきます。
引き続き、ネバネバで白く濁った状態で、
においが強くなり始めます。

年齢によっても変わる

女性ホルモンの影響を受けているオリモノは、
年齢によっても変化があります。

初潮から10代は、女性ホルモンの分泌が不安定なので、
オリモノの量もばらつきがあります。

20・30代は、最も女性ホルモンの分泌が多い時期なので、
オリモノの量も一番多く、周期も安定しています。

30代・40代は女性ホルモンの分泌が少しずつ減り始めるので、
オリモノの量も減っていきます。

閉経後2~3年たつと、
女性ホルモンの分泌はほとんどなくなるので、
オリモノの量もぐんと減ります。

このように、オリモノは女性ホルモンのバランスの変化に対応しています。

オリモノは健康のバロメーター

以上のように、規則的に変化のあるオリモノ。

例えば、細菌感染がある場合、オリモノの量が増えたり、
においがきつくなったりします。

生理の周期に合わせて、普段のオリモノの状態を覚えておくと、
体調の変化にも気がつきやすくなり、
万一の時も医師にすぐに相談することができます。

下着を汚したり、におったり、面倒なこともありますが、
オリモノは体の状態を知らせてくれている大切なバロメーターなのです。


カンジダ、臭いはセルフで改善!

多くの臭いの原因の元は「膣内環境の悪化」によるものです。この悪化してしまった膣内の環境を整備してあげることが重要です。

効果が非常に高く人気のある対策として、下記の3つがおススメの対策です。

人気No1
インクリア

カンジダ対策 臭い対策 価格

乳酸配合

ジェル洗浄

980円
インクリアは産婦人科医と共同で開発された膣内部洗浄の専用スティックです。弱酸性のため、善玉菌をしっかり守りながら臭いの解消を根元から解決に導きます。
総合評価 
より詳しい解説はこちら >>>

人気No2《TVCMでも話題》
コラージュフルフル泡石鹸

コラージュフルフル泡石鹸 独身女性向け
カンジダ対策 臭い対策 価格

抗カビ成分

殺菌効果

2,300円
安心の持田製薬、デリケートゾーン専用のプッシュ式泡石鹸なので使いやすく人気が高いです。国内で唯一の、抗カビ成分を含む為、カンジダ対策・予防にも評判が高いです。
カンジダ対策 - コラージュフルフル泡石鹸 >>>
おりもの ポロポロの改善方法 >>>
総合評価 
モニター価格での購入はこちら >>>

人気No3
インナーブラン

インナーブラン
臭い対策 返金保証 価格

99%の消臭効果

全額返金対応

4,900円
おりもの、デリケートゾーンの臭いでお悩みの女性には絶対おすすめ。ミストをワンプッシュするだけで、24時間、99%の消臭効果を誇る圧倒的な消臭力が強み。ポーチに入るサイズなので、外出先でもケアできるので安心です。
インナーブラン 口コミ
総合評価 
体験談・詳細はこちらから
漫画で効果を解説中! >>>